こんにちは、YOSHIです。

毎日私の日刊メールマガジンを読んでくださってありがとうございます。

お陰様で、読者さんは20万人を超え、さらに毎日400人以上 が新規登録する大人気のメルマガとなりました。
本当にありがとうございます。

それに伴い、私の受信ボックスには、読者さんからさまざまな内容のメールが届くようになりました。

その中で、最近

・日常英会話だけでなく、ビジネスで使えるレベルの英語を身につけたい。
・決まりきった表現でなく、バリエーションのある言い方を身につけたい。
・でも「ビジネス英語は難しい」と感じている。


といった問い合わせのメールを多く頂くようになりました。

私も、さまざまなビジネスで、海外と取引を行っていますので、「ビジネス英語」を使用する機会も多いですし、扱っている商品に関して、メールも電話もかかってきます。

そんな状況なのですが・・・。

実は、最近、そういった英語での問い合わせに、素早く対応する簡単な方法を見つけました。
誰でもすぐにできる、超実践的な方法です。

例えば、私は朝起きて、仕事場に向かう前に、受信ボックスを確認するのですが、海外からの英語のメールが、だいたい20通くらい来ています。

これらのメールを朝の9:20から返信し始めて、途中10分の朝食をはさんで、9:50には、全てのメールに返信し終えていました。
平均で、1通あたり約1分で返していることになります。

もしあなたが英語のメールを書いたことがあるなら、このスピードがとても早いということに気づくでしょう。

例えば、私の知り合いで、貿易会社に勤めている英語が苦手なMさんは、たった1通の英文メールを書くのに、1時間以上かかっています。
また外資系に勤めているKさんは、受信ボックスに届く海外からの問い合わせに返信し終えるのに、まる1日かかっています。

彼らが特別遅いわけではありません、標準的なスピードだと思います。

でも私は上記のような英語のメールを、もっと素早く書くことができました。
ほかの人よりも、多少文字タイピングが早いというのも、文章を書くことに慣れているというのもあるでしょうが、このスピードの秘密は、そんなことではありません。
そして、でき上がった英語というのも、ネイティブが書いたのかと間違われるほど、正確で自然な英語に仕上げることができています。

もちろん、内容によっては調べ物をしたり、数量を確認したりするときもありますので、1分以上かかることもあります。

でも、書く内容が決まっていれば簡単です。結構長めの文章でも、「正確」で「完璧」な英文を作成するのに、1分もかからないのです。

もしあなたがこんな経験があるのだとしたら、あなたは私と同じタイプの人です。 なぜなら、ここで挙げたことは、全部私自身が経験したことがあることだからです。

私も今まで、いろんなビジネス英語の知識を学んできました。

・実践!ビジネス英語実例集
・ビジネスメールの書き方
・交渉がうまくいくビジネス英会話テクニック
・プレゼンテーションの英語表現

などといったタイトルの教材や書籍を買い込んでいました。

でも、この悩みは、このような「英語知識」や「テクニック」を増やすことでは、解決しませんでした。

むしろ、変なことばかり覚えてしまい、あーでもない、こーでもない、と頭の中で考えるようになって、英語を書くにしろ、話すにしろ、リアクションがワンテンポ遅くなってしまいました。しかも無駄にエネルギーと時間がかかるのです。

話す言葉が浮かんでこない。または、英文作成に時間がかかる最大の理由。

それは、

話す(書く)前に、「何を言うか」が決まっていないからです。

結局のところ、何を言うべきかが決まっていなければ、単語や文法を覚えたところで、すぐに言葉はでてきません。
メールの作成にも時間がかかってしまいます。

逆に、英語でプレゼンテーションするときなんかは、準備を万全にしていれば、
多少英語が不得意だとしても、スムーズに発表することができますよね。

このように、事前に何をどういう流れで言うべきかがわかっていないと、
「英語知識」や「テクニック」を増やしたところで、まったく意味がない
のです。

「事前に準備しておくことが大事。」これは、英語を少しでも勉強したことがあれば、誰でも知っていること。
何も新しいことではありません。
だからといって、まだがっかりしないでくださいね。今日話す秘密は、これではありません。

本題はここからです。

ほんの1例ですが、私は、冒頭で紹介したメールに1分で返信ができました。
その理由は、こういう問い合わせが来たら、こう返せばいいというテンプレートのようなものを事前に準備をしていたからです。
来たメールにぴったりの返信テンプレートを見ながら英文を書くだけ。だから1分で返せたのです。

はやいですか?

そう、ここに「正しい英語」が「即座に」使えるようになる秘密が隠されていたのです。

その秘密については、後ほどお伝えしますが、えっ?と驚くような意外な方法です。
しかしこれこそが、最速でビジネス英語をマスターするための秘密なのです。

その秘密をお伝えする前に、まずは、少しだけ、どんな経緯で、その方法にたどり着いたのか、
「開発秘話」をお話しさせてください。

そもそもビジネス英語って、一体何なのでしょうか。

学ぶ目的で考えると、社内公用語が英語であるため、Eメールや電話で英語を使用するため、外国人の部下に指導者として適切なアドバイスができるようになるため、海外現地の社員とミーティングをするため、ビジネス上の問題点を議論したり、不足の事態に対応できるようになるため、など、単にビジネス英語といっても、その内容はさまざまです。

また、IT関係、食品関係、医療関係、貿易関係など、業種や業界によっても専門用語が異なります。
さらに、世界各国の人々とやりとりを行う場合が多く、インド人が話す英語、ベトナム人が話す英語、ドイツ人が話す英語と、国ごとに、発音やイントネーション、言い回しも独特な「癖のある英語」が存在します。

そのため、学ぶ目的の違い、業種の違い、さらには人種の違いによって異なる「さまざまなビジネス英語」を理解していかなくてはいけません。

ただそうなると「ビジネス英語は難しい。」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
実際にあなただけではなく、ビジネス英語を勉強している人の多くが、このように思っています。

確かに全ての分野において、ビジネス英語をマスターしようとすると難しいかもしれません。
しかし、自分の専門分野で必要な英語を、問題なく仕事がこなせるだけのレベルをマスターすることは、そんなに難しいことではありません。

なぜなら、ビジネスの場面では、相手が何を話すのか、ある程度予想がつくからです。

例えば、電話対応、オフィス内での対応、企業訪問・出張、来客の対応、プレゼンテーションなどといったことです。
これは、業種・業界が違っていても、基本的な部分は共通しています。
さらに、そこで使う英語というのは、結局、同じ内容を繰り返ししゃべっているだけであることが多いです。

だから、使うフレーズも限られており、遭遇するシチュエーションも限られています。

一方で、日常英会話はというと、どうでしょう。
昨日食べた夕食の話から、今付き合っている人の話まで、実にさまざまなシチュエーションを想定して、さまざまなフレーズを練習していかなければいけません。
つまり、実際には、ビジネス英語というものは、日常会話に比べると、よほど簡単である、ということが言えるということです。

さらに、ビジネス英語特有の「専門用語」に関しても同じことが言えます。
例えば、あなたが貿易関係の仕事をしているとしましょう。I/V(INVOICE)送り状、P/O (Purchase Order) 発注書、AWB(Air Waybill)航空貨物運送状、P/L(Packing List)包装明細書などの専門用語がたくさんあります。
しかし、そういった専門用語というのは、日本語でも一般的に使われている単語であることが多く、それが英語であったとしても、問題なく理解できてしまうのです。

つまり、ビジネス英語というのは、電話対応、オフィス内での対応、企業訪問などの限られたシチュエーションさえ理解しておけば、他に変な知識などなくても、問題ないということです。

このことについて、日本一の経営コンサルタントであり、
戦略コンサルティング会社、米国家電メーカーの日本代表として活動していた神田昌典さんも、こう言っています。

電話対応、オフィス内での対応、企業訪問などの限られたシチュエーションさえ理解しておけば、間違いなくビジネス英語はマスターできる・・・。

その仮説のもと、わたしは、「仕事で使える英語」が使えるようになる教材の作成に取り掛かり、まずは、ビジネス英語で使われるシチュエーションを徹底的に調べ上げました。

実際にビジネスで英語を使っている知人に話を聞きにいったり、専門書を読んだり、書店で並べられている「ビジネス英語」をテーマにしている本にも、かなり目を通したと思います。

そして、その過程で、私はある女性の存在を知りました。

その女性の名前は、坂本知子さんです。もしかしたら、あなたもご存知かもしれませんね。

なぜなら、TBS『ニュースコール』のキャスター、『ニュースの森』のリポーターとして活躍されてきた有名な方だからです。

彼女のすごいところは、国内だけに留まらず、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー、ハリソン・フォード、トム・ハンクスといったハリウッドスターから、デザイナーのヴィヴィアン・ウェストウッド、ステラ・マッカートニー、ポール・スミスといった各業界の著名人まで、世界で活躍している超大物有名人に直接インタビューした経験があるというところです。

さらに、WOWOW、CNN系列NY1といった国内外のメディアでのテレビロケや、海外テレビ局のコーディネーター・通訳としても活躍しています。
つまり、正真正銘の”国際人”です。

坂本知子さんプロフィール

ご覧のとおり、取材やインタビュー対象は、一般の人から、ハリウッドスターまで。
実にさまざまな業種、年齢、国籍の人たちと、ビジネスの場面で、英語でやりとりをして来られた人です。

そんな方ですから、わたしがビジネス英語教材の監修をお願いしたところで、相手にしてもらえないだろうなと思っていました。

しかし、実践的なビジネス英語を学ぶなら、彼女しかいない。

私はどうしてもあきらめきれませんでした。
ビジネス英語を必要とされている人たちに向けて、今すぐ解決策を教えてあげたい。
実際に現場で使える即効性のあるビジネス英語を習得する方法をお伝えしたい。
その思いのたけを彼女に伝えて、ダメ元で、教材作成にご協力をお願いできないか、お願いのメールを送ってみました。
すると、3日後・・・・。

坂本さんから「私でよければ、お願いします。」という、内容のメールが届きました。
どうやら、私の熱い思いが彼女に通じたようです。

そこから、坂本さんのご協力を経て、一緒にビジネス英語を学ぶための教材の作成に取りかかりました。

まず私は、坂本さんのご協力を得ながら、テキストに使用するフレーズの調査を行いました。
知人が働いている外資系企業のオフィスを実際に訪れてみたり、専門家にも意見をもらったり、
ビジネスシーンで必要な英語は、すべて網羅できるように努めました。

試行錯誤の末、ようやくビジネスシーンで必要な「会話フレーズ」。
さらには、メールのやりとりで必要な「英文メール」を体系化することに成功しました。

その結果、ビジネスで必要な英語というのは、実にシンプルな「6つの場面」さえ理解しておけば、
ほぼ網羅されるということが判明したのです。

そう、この限られた6つのシチュエーションを理解することが、最速でビジネス英語をマスターするための秘密です。

これはほんの一例ですが、私は、この6つのシチュエーションの中から最適なシチュエーションを1つ選び、
そこに書かれてある英文を見て、宛名と商品名だけ入れ替えてメールを作成しました。
すると、1分後には、正確で、ネイティブが書いたかのような英語のメールができ上がっていたのです。

つまり、この体系化した「6つのシチュエーション」を理解しておけば、
あなたも私と同じように、素早く、ビジネス英語を使いこなせるようになるということです。

さらに確信を得るため、私は「6つのシチュエーション」で使われる英語を簡単にまとめて、[テスト版フレーズ集]を作成しました。
そして、貿易会社に勤めている知人のMさんに渡して、実際に仕事場で使ってみてもらいました。
すると数日後、友人のMさんから興奮気味に、電話がかかってきました。

「YOSHIさん、これ本当にすごいですね!」

続けてMさんは、こう言いました。

「一昨日までメールの返信に1日かかっていたのが、昨日は午前中の1時間で終わりました!
こんなに即効性があるなんて、信じられないです。


さらに、これまでは、英語が苦手で、取引先の外国人相手に、アポ取りができずに、アポなしで直接現地に行っていました。

しかし担当の人がいなくて、無駄足をくらうことも多かったのですが、これがあれば、英文を読み上げるだけで、これまで難しく感じていたアポ取りも難なくできるようになりました。

もう無駄足をくらうようなこともなくなり、おかげで、21時まで残業していたのが、定時には帰れるようになりました。」

Mさんが、こんなに喜んでくれるのは、非常に嬉しかったのですが、正直にいうと、これは予想通りの結果でもありました。

というのも、実際に、この[テスト版フレーズ集]では、Emailなら宛先、商品名などの固有名詞を入れ替えるだけでOK。

電話なら同じようにして、固有名詞を入れ替えて、電話の受話器に向かって英文を読み上げるだけでOK。


会話に関しても、「決まりきった会話の流れ」 をまとめてあるので、
あらかじめフレーズと会話の流れを覚えておけば、たとえ英語が苦手だったとしても、
ある程度のやりとりができる
ように作ってあったからです。

このように、初心者だったMさんには十分満足のいく内容だったのですが、
さらに上を目指すような中上級レベルの人たちが、正確に相手に伝わる
「ちゃんとした英語」「洗練された英語」を身につけるためには、この[テスト版フレーズ集]だけでは、不十分ではないか・・・。

そう感じた私は、さらに試行錯誤を繰り返します。

この限られた6つのビジネスシーンで使われる英語をしっかり学んでいけば、
ビジネス英語は、間違いなく上達する・・・

そのことに関しては、疑問の余地はありませんでした。

しかし、より上を目指す「中上級レベル」の人たちも満足のいくものにするためにはどうすればいいか?

その答えを出すために、坂本さんのご協力を得ながら、Mさんに渡した、テスト版フレーズ集のシチュエーションを
再度見直し、「どれが重要でどれが重要でないのか?」「どれはよく使うけど、どれはあまり使わないのか?」を、
さらにブラッシュアップしていきました。

そして、最終的にでき上がったのが、次の6つの場面をまとめたテキストです。

坂本さんいわく、この6つの場面を完璧にしておけば、ビジネス英語は、全く問題なくスムーズに行えるとのことです。

いかがでしょうか。
あなたも、この6つのシチュエーションで、問題なく英語が使えれば、9割近くの仕事はこなせるのではないでしょうか。

つまり、あなたは、この6つの場面に絞って、「ビジネス英語」を学び、あとはそれに自分の業種に必要な専門知識を加えていけばいいということです。

例えるなら、この6つの場面とは、料理のレシピのようなものです。

レシピがあれば、どんな材料を準備して、どういう風に調理すればいいのか、手順がわかりますよね。
この材料をこういう風に切って、使う道具はこれ。
フライパンで熱する時間は5分、そしたらこの調味料を5グラム加える・・・
こういう風に何を、どういう順番で、どうやって調理をすればいいかが書いてあるレシピがあれば、
仮に料理の初心者でも、ある程度の料理を作ることができますよね。

ビジネス英語もそれと同じなのです。
これからビジネス英語をマスターしようと思うのであれば、まずは、ビジネス英語における基本レシピ、つまり「6つのシチュエーション」を徹底的に学んでいくことです。

そして、さらに今回、このフレーズ集に加えて、リスニング力を上げるための音声CD、
さらには、演習やロールプレイングができるDVDなどを加えて、より学習効果を高めるものを追加しました。

そして、最終的にでき上がったのが、今回ご紹介する「ネイティブイングリッシュ・ビジネス」です。

企業の一員として、まずしっかり身につけなければならないのが、「電話の応対」です。
電話の英語は聞き取りづらいですし、相手の顔も見えないため、電話でのコミュニケーションに不安を感じている場合も多いと思います。
ここで、電話対応の基本からEmailの送り方まで、ビジネスで必要な基礎的なことが身に付くようになります。

電話をとったら、いきなり“Hello”と言われた。でも、どう答えてよいか分からない・・・」
英語が苦手なあなたでも、
パニックにならずスマートに対応できるようになる電話対応の「決まり文句」とは?

取引先のオフィスに電話をかけるときの基本ステップ
電話対応の基本的な流れをステップ・バイ・ステップで学べます。もう明日から「英語での電話」にびくびくすることはなくなり、自信を持って英語で対応できるようになります。

外国人から英語で問い合わせがきた?でしたら、テキストのP22を読み上げてください。
これさえあれば、たとえあなたが英語が苦手だとしても、明日から即日で、丁寧な表現でスマートに対応できるようになります。

労力をかけずに10秒で仕事を処理するための魔法のテンプレート6つ
アポ取り方からスケジュール変更、資料送付のお知らせなど、どの業種でも共通して使える英語をテンプレート化しました。
これがあれば、10秒でメール返信できるようになります。

体調不良でお休み、遅刻の連絡など、ちょっと言いにくいことも、サラっと英語で言えるようになるには?

【注意!】こんな表現、英語では使いません!
「お世話になっております」「よろしくお願いします」「お疲れさま」といった、つい使いたくなる日本語も、ビジネスの場面に応じた「 英語ではこの表現 」に置き換えてあります。

相手がなかなか返信をくれないときでも、スマートに返信の依頼をする一言
(驚くほど簡単だけど、ほとんどの人が言っていない一言です。これを言うだけで、相手の返信速度が驚くほど速くなり、あなたの仕事時間も短くなります。

オフィス内で多いのは、当然業務についての会話ですよね。
上司から部下への仕事の確認、部下からの確認などは、頻繁に行われます。
プロジェクト終了後には、お酒の場に誘われることもあります。
ここでは、オフィス内でよく使われる会話を中心に学んでいきます。

オフィスにいる外国人の同僚とも、楽しく英語で会話できる鉄板ネタとは?

【警告!】「ちょっと待ってください。」の意味で「Just a moment.」 と言っていませんか?
これは目上の人に使ってはいけない言葉です。上司や目上の人に使う、丁寧で上品な言葉使いとは?

「よろしければ、仕事の後、食事に行きませんか?」と上品に相手を誘うためのワンランク上の英語フレーズとは?
ビジネスシーンでは、こういった丁重な表現を覚えておくと、あなたの格がグンと上がります

例えば、外国人の上司への資料確認が必要な場合。UNIT20,21のテンプレートは必須です!
外国人の上司にも、スマートな英語で依頼ができるようになる5ステップ

上司が忙しそうにしていても、どうしても質問したいときの表現

例えば、外国人の同僚が、コピー機の使い方がわからなくて困っている場合。P66のテキスト通りに指示してあげてください。
これがあれば、社内で困っている人を助けることができるので、あなたの社内での評判が急上昇します

新任のあいさつで、「I’m ●●. Nice to meet you.」だけで終わっていませんか?
初対面の人たちへのあいさつは、とにかく最初が大切です。このUNIT22のテキストを使って、
ビシッとしたあいさつが英語でできれば、ファーストコンタクトで好印象を残すことができます

相手に謝罪するとき、気持ちがちゃんと伝わる表現とは?
もしかしたら、あなたの謝罪は相手に「悪りぃ、悪りぃ」と聞こえているかもしれません。

今すぐDay26のニュアンス解説を確認してください。

取引先を飛び回る営業職に限らず、面接などで企業を訪れる機会があります。
取引先の受付の人や、担当者との名刺交換、自己紹介などの際、失礼のないようにしたいですよね。ここでは、企業訪問の際に、スマートに対応できるようになるための英語を身につけていきます。

好感度が劇的に上がる!英語での自己紹介、名刺交換の仕方。とても簡単なあることをするだけで、驚くほど印象がよくなります。しかし、英語となると、ほとんどの人がやっていない方法です。)

日本と欧米での名刺交換の違いとは?
(日本では当たり前の文化でも、欧米にはない文化があります。)

取引先を訪れたときに、受付でまごつかずにスムーズに対応するための会話

英語でのアポ取りができない?でしたら、P94の「企業訪問のアポイントメント」のテンプレートを使ってください。
これを使えば、どんなに英語が苦手でも、簡単にアポ取りができるようになります
もうアポなし訪問で、担当者がいなくて、出戻るなんてこともなくなります。

アポなしで訪れて、担当者がいなかった時の魔法のフレーズ。(「そうですか。ではまたお伺いします。」といって、わざわざまた出直してはいけません。このフレーズを使えば、パンフレットだけでも、担当者に預けることができるようになります。

「雨の中、お越しいただきありがとうございます。」など、気づかいのある言葉とは?
あなたの英語をワンランクアップして、相手の印象をさらに良くするフレーズをご紹介します。

フライト・チケットの電話予約の仕方。
窓際の席がいい、フライトの時間を変更したいなど、こちらの要望も、大人として恥ずかしくない「ちゃんとした英語」で伝えられるようになります。

海外のホテルの予約に手こずっていませんか?
でしたら、P110のテンプレートを使ってください。
日程を入れ替えるだけで、即使えるようになっていますので、ホテルの予約も一瞬で済みます。

ビジネスシーンでは商品開発などのためのさまざまな会議やプレゼンテーションが頻繁に行われます。
ここでは、会議の始め方から、資料の説明、質疑応答まで一連の流れを学んでいきます。

英語でしっかり意見交換ができるようになる便利フレーズ10個

【注意!】会議中に「Watch page three.」などと言っていませんか?
これでは、「3ページを見ろ!」と聞こえてしまいます。ビジネスの場面では、絶対に使ってはいけません!

たった1語で、相手に共感・同意・賛成する意思を込めることができる表現とは?

来客を迎えにいくシチュエーションで、ゲストに好印象を残すための、気の利いた一言とは?
日本語なら簡単に出てくる一言ですが、英語になると90%の人が言えなくなる一言です。

パーティーでの会話で何を話していいかわからない?
でしたら、P134の会話を丸暗記してください。ビジネスの場面では、必ず出てくる話題です。ここを押さえておけば、初対面の外国人とも、スムーズに会話ができるようになります。

食事中に使えて、あなたの信頼性が上がる、簡単な3つの質問とは?
大事な取引先とのディナーでの会話も、この3つの質問をしておけば、失敗することはありません。

英語での会議をスムーズに始めるための簡単なステップ
会議の進行は、とにかく出だしが大事です。出だしがビシっときまれば、その後もスムーズに会議を進めることができるでしょう。

相手の意見に同意するつもりで「Exactly.」などと言っていませんか?
これは、上司や目上の人に向かって言う言葉としては不適切です。ビジネスシーンにおいて相応しい表現とは?

【警告!】日常会話では頻繁に使う同意するときの表現「Got it.」。 ビジネスシーンでは絶対に使ってはいけません!
今すぐDay 76を確認して、正しい表現を身につけてください。

商品の見積もりの依頼・提示のメールテンプレート どの業種でも、見積もりの取り方はだいたい共通しています。
このテンプレートがあれば、商品名と数字を入れ替えるだけで、10秒でメールが作成できます。(つまり、仕事の処理スピードが上がり、これまで残業していたあなたも、定時にはピッタリ帰れるようになります。)

英語での会議中、質疑応答に不安を抱えているあなたへ。
これまで意見を求められても、まともに答えることができなかったあなたでも、Day77のフレーズを覚えておけば、自分の意見をしっかりと英語で言えることができます。(そのことで周りからは、「英語」も「仕事」もできる人だと認識されるようになるでしょう。)

商品を相手企業にわかりやすく伝え、相手からの質問にも的確に回答することは、ビジネスマンの手腕が問われる業務の1つではないでしょうか。
さらには価格交渉となると、交渉術まで身につけなければいけませんよね。
ここでは、商品説明から交渉の場面まで、ビジネスマンとしてのワンランク上の仕事ができるようになるための英語スキルを学んでいきます。

【注意!】日常会話でよく使われるAha.や Mm Hmm. という表現。
ビジネスシーンでは使ってはいけません!ビジネスの場面で相応しい、相手の言っていることをきちんと理解していることがしっかり伝わる表現とは?

外国人から、自分の会社のことを聞かれて困った経験がある・・・。そんなあなたでも、ここで用意した 「会社説明用のテンプレート」があれば、固有名詞、数字を変えるだけで、会社の場所、従業員数、支社数、主力商品、今後の商品の展望についても、スマートに英語で説明できるようになります。

博覧会などで名刺交換した人との出会いを、ビジネスチャンスに変える方法とは?
ある簡単なメールを1通送るだけで、ビジネスチャンスを大幅に広げることができます。
私は、このメールテンプレートを使って、名刺交換した人たちにメールを送ったことがきっかけで、大口の契約に結び付きました

商品の注文の仕方、メールテンプレート 4選

日本人が苦手な「ネゴシエーション」の簡単なステップ
この流れで会話をすれば、英語が苦手でも、交渉事が苦手でも、高確率で買いたい商品を割引いてもらえるようになります。

価格交渉の場面で、「Okay...(わかりました)」などと言っていませんか?
間違いではありませんが、交渉の場面では、単に「わかりました」ではなく、ビジネスマンらしい表現を使いこなしたいところ。Day96の表現を今すぐ確認してください。

交渉ごとで大事なのは、最後の一粘りです。最後に、この一言を言うだけで、条件がとびっきりよくなります。(驚くほど簡単な一言なのですが、99%のビジネスマンが使えていない、魔法の言葉です。)

社会人になるために誰もが通る関門が企業面接です。
日本の企業ならともかく外資系企業ともなると、英語で面接に臨まなければなりません。
面接の冒頭部分、志望動機、面接官からの質問などがありますが、限られた時間の中で、上手に自己PRをするためには、どうすればいいのか?その秘訣を学んでいきます。

【注意!】日常会話では頻繁に使う「gonna、wanna」という表現。ビジネス、面接、フォーマルな場面では、この表現を使ってはいけません!今すぐDay118のワンポイントアドバイスを確認してください。

would be を使った相手に好印象を与えられる表現とは?

面接官に向かって、「It's no problem.」と言っていませんか?
これでは、「いや、いいんだよ。」と聞こえてしまうため、面接官に対して使うのは不適切であり、大変失礼です。ビジネスシーンで使える「品のある返答フレーズ」とは?

Why?と聞かれたことに対して、Because~を使って答えていませんか?
間違いではないのですが、厳密には、Becauseは使わない方がベターとされます。今すぐ正しい言い方を、UNIT68のワンポイントアドバイスで確認してください。

商品が破損している、商品が間違っているなど、クレームを言うときの丁寧な表現とは?
もしかしたら、あなたが使っている英語は、ぶっきらぼうな言い方に聞こえているかもしれません。

英語の面接でよく聞かれる5つの質問

外資系企業に転職したい?でしたら、まずは「英語での面接」を攻略しましょう。
ここでは、面接の始まりから終わりまでをステップ・バイ・ステップで解説しています。
さらに「バーチャル面接」の動画もつけていますので、ここで繰り返しシミュレーションしておけば、本番でも緊張せずに、英語での面接が、うまくいくようになります。

テキストを眺めるだけでは、フレーズは身につかないですよね?
それが「実戦」につながらないと、意味がありません。

そこで今回は本編の会話・メールのテキストに加えて、さらに理解を深めるために、動画DVDも用意しました。
【解説編】【模範解答編】【なりきり英会話編】【ニュアンス解説編】 と、実践の場を想定してロールプレイを繰り返すことで、本番でもスラスラと英語が出てくるようになります。

以下が動画のサンプルです。

【解説編】

私たち日本人が間違いやすい英語表現をさまざまなビジネスシーンからピックアップ。
文法のミス、言い回しのミスなど、さまざまなタイプの間違いを幅広く扱い、洗練された効果的な表現を紹介します。

【模範解答編】

解説編での注意点やポイントを踏まえた、模範となる正しいビジネス英会話だけを収録しています。
VTRは停止されることなく流れますので、シーン全体を通して会話のやり取りをご覧いただけます。

【なりきり英会話編】

ビジネスマンになりきって、ネイティブとの会話に挑戦できます。
Your turn(あなたの番です)の文字が表示されたときに、VTRの内容通りにネイティブとの会話を楽しむことで、実際の英会話と同等の効果が期待できます

【ニュアンス解説編】

監修者・坂本知子氏とマイケル・リーヴァス氏が、VTRを見ながら事細かに解説しています。
アメリカでの経験談なども交えた二人の面白くて分かりやすいトークを楽しみながら、ニュアンスの違いを身に付けましょう。

Elementary(初級)、 Intermediate(中級)、 Advanced(上級)と、自分自身のビジネス英語力がどの程度なのかを測ることができます。
動画冊子には、それぞれのレベルチェック項目が記されていますので、項目を満たしているかどうかをチェックし、自己分析してみましょう。

Elementary(初級)

Intermediate(中級)

Advanced(上級)

外資系企業の面接を想定し、面接官がネイティブという状況下での本番さながらの面接を体験することができます。
何度もシミュレーションをすることで、はじめての英語での面接でも、バッチリ英語で回答できるようになります。

【Listening】【1shot リピート】 【ディクテーション】【高速 Listening】と、確実にスピーキング力・リスニング力が上がる練習法を4つ用意しました。
この音声があれば、忙しいあなたでも、iPodなどに入れておけば、通勤・移動時間などのスキマ時間に繰り返し聴くことができ、効率的にビジネス英語をマスターできるようになります。
「英語を勉強する時間がない。」というあなたなら、ぜひ手に入れてほしいツールの1つです。

以下が音声サンプルです。

【Listening】

特徴:男女2人のネイティブによる英語のみのナレーションです。会話とフレーズを収録しています。
効果:フレーズの強弱や正しい発音をマスターできます。またシャドーイングやオーバーラッピングを行うことで、よりネイティブの会話が聞き取れるようになります。もうネイティブに「Pardon?」と聞き返さなくても、一発で聞き取れるようになります。

【1shot リピート】

特徴:「日本語の1shotリピート」、「英語の1shotリピート」という構成で、アウトプットの練習ができます。
(※「1 shotリピート」とは、聞いたフレーズをそのまま一秒以内に発音[一秒返し]するメソッドで、
必要な場面で瞬時にフレーズが口から出てくる英語の瞬発力を養うことができます。)

効果: 日本語から英語の翻訳スピードが高まります。また、「英語の1shotリピート」では、リスニング、発音、スピーキングが一度に鍛えられます。

【ディクテーション(Email)】

特徴:書き言葉である英語を音で理解します。送信・返信を男女2人の英語ネイティブが交互にナレーションしています。
(※「ディクテーション」とは、聞いたフレーズを書き取る、というリスニングには非常に効果的なメソッドです。)

効果:ディクテーションを行うことで、リスニング力とライティング力を向上させることができます。また、話し言葉で使う単語よりも少し難しい単語を覚えることができます。

【高速 Listening】

特徴:Listening CD の音声を、CNNなどの海外ニュース番組のアナウンサーが話すスピードに変換しています。
効果:速めの英語も聞き取れるようになります。オーバーラッピング等の練習をすれば、英語口の鍛錬にも役立ちます。

いかがでしょう。

このネイティブイングリッシュ・ビジネスがあれば、中学・高校英語レベルの英語力でも、明日から、仕事で英語が使えるようになります。

時間があるときには、動画DVD、音声CDを使って、英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく鍛えることができます。

さらに、「ビジネス英語実力診断」を使えば、
Elementary(初級)、 Intermediate(中級)、 Advanced(上級)と、自分自身のビジネス英語力がどの程度なのかを測ることができるので、自分の上達具合を確認することができます。

・・・とても面白そうな内容だとは思いませんか?

これは、忙しいあなたの時間から、DVDやCDを見たり聞いたりする時間をわざわざ捻出する必要のあるものではありません。
もちろん、じっくり学習する方法もありますが、他の教材と大きく違うのは、「明日から仕事で使える」ということです。

受信ボックスにメールが届いたら、このビジネスEmailテンプレートを見ながら、固有名詞を入れかえるだけで、ネイティブ並の正しい英語ができ上がります。

電話対応でしたら、冊子を机の上に置いておいて、電話がかかってきたら、さっとテキストを開いて、場面に合う英語を読み上げれば、だいたいの仕事は難なくこなせるようになります。

ちょっとした会話についても、事前にどんな流れの会話になるのか頭に入っているので、それを覚えておくだけで、スムーズにコミュニケーションがとれるようになります。

使い方はとても簡単でシンプルです。

1.明日から仕事に生かしたい場合

テキストをデスクの上に置いておき、英語が必要になったときに、さっと引いて使えます。
翌日から仕事で使ってみて、実践で学んでいくことができます。

2.移動時間などのスキマ時間で勉強したい場合

音声CDをiPodなどに入れておけば、忙しいあなたでも無理なくビジネス英語をマスターできます。
音声学習は、繰り返し学べるので、正しいビジネス英語が、あなたの頭の中に自然と染みこんでいくことでしょう。

3.腰を据えてじっくり学習したい場合

動画DVDを見ることで、フレーズのニュアンスや使い方などを、より深く理解できます。

ただ基本的な知識を入れるだけの講座ではありません。動画のロールプレイング映像などを通して、実際にあなたが外国人と、ビジネスの場面で会話しているかのような経験ができます。

ですので、ロールプレイを繰り返すことで、実践と同じような練習ができ、本番でもスラスラと英語が出てくるようになるでしょう。

それどころか、これで学べば、Mさんのように、これまで1日かかっていた仕事が、午前中の1時間で終わるようになるはずです。
だから、午後からの5~6時間は、あなたの好きなように使えて、自由な時間ができます。

これまで残業して21時過ぎに帰っていたものが、定時で帰れるようになります。アフター5を家族と過ごすのもよし、遊びに出かけるのもよし。
プライベートも充実することでしょう。

さらに、余った時間を利用して、他のスキルを磨く時間にあててもいいでしょう。
そうすることで、特殊技能を身につけたあなたは、会社でも一目置かれる存在となり、活躍の幅が広がります。

例えば、英会話スクールで実際に中上級レベルのビジネス英会話ができるようになるには、少なくとも半年以上~1年はかかると思います。

すると半年でも少なくとも30~40万円の費用はかかりますよね。

実際そうやって学んでいる人も多いのでしょうが、効果に関しての保証はありません。

しかし、今回のこのプログラムは、ビジネス英語に必要な「6つのシチュエーション」を、1レッスンごとに学んでいける構成になっています。

かなりゆっくりペースで、1ヶ月1レッスン学んでいくとしても、6ヶ間の時間があれば、十分にビジネス英語を習得できます。(そのために180日間の返金保証をつけています。)

結論を申し上げると、今回のお値段は 24,800円です。

つまり、単純計算で、1ヶ月に投資する金額は、【約4,000円】 これは、付き合いで行く飲み会を1回断れば、ペイできる金額です。

さらに、英会話を学ばれているあなたであれば、キャリアにおける「英語」の重要性はおわかりですよね。たとえば、IBMなどのような企業であれば、英語ができることで年収が200万円アップするそうです。
転職市場などにおいて英語上級者の「転職決定年収」総額分も約200万円です。やはり企業内での増額分と同じです。(人材紹介会社JAC調べ)

つまり、あなたが、このプログラムに参加して、ビジネス英語のスキルを身につけることができれば、年収が200万円アップして、自分の好きなことができる時間が手に入る可能性を秘めているということです。
さらにそのことで、今までより活躍の場が広がり、より社会に貢献できる人間になることができます。

さあ、ぜひこの機会に、ビジネス英語のスキルを身に付け、より豊かな人生をスタートさせませんか?

お電話でのご注文は
0120-971-518
(受付時間:10時-18時・平日のみ)

 

ここでお渡しする、メール・会話のテンプレートがあれば、英語での仕事の処理スピードが劇的に早くなります。
Mさんのように、これまで1日かかっていた仕事が、午前中の1時間で終わるようになるはずです。
だから、午後からの5~6時間は、あなたの好きなように使えて、自由な時間ができます。
これまで残業して21時過ぎに帰っていたものが、定時の17時に帰れるようになります。
アフター5を家族と過ごすのもよし、遊びに出かけるのもよい。
プライベートも充実することでしょう。

 

「この方法は、どんな業種・業界、どんなビジネスでも使えるのか?」「専門的な特殊な業界だと難しいのではないか?」と思うかもしれません。
ですが、安心してください。この方法は、単語を入れかえることで、どんな業種でも、どんなビジネスでも使えるような仕組みになっています。
事実、私の周りでも、貿易関係、金融関係、医療関係、食品関係などさまざまな業界の人がいますが、この教材が実際の仕事に生かされています。

 

主婦の方なら、お子さんのホームステイ先のホストファミリーへあいさつしたい時、学生さんなら、海外の留学先での教授とやり取りなどで、大変役に立ちます。
さらに、ホテルのフロント係、ショップの定員さん、薬局の店員さんなど、いますぐビジネスで英語が必要ないという場合でも、これからの時代は、外国人に接する機会が大幅に増えます。
丁寧な英語でおもてなしをするためにも、今から将来に備えて学んでおいて損はないと思います。

 

「ビジネスシーンで相応しい英語が話せるようになる」ということは、この世で最も価値のあるスキルです。
TOEICで満点を取るよりも、資格を取るよりも価値があります。
事実、ビジネス英語が使いこなせるようになると、思いも寄らなかったチャンスが巡ってくるようになります。
新しい自分に出会えるような、自分の可能性が広がるような、そんな気分を味わえるツールでもあります。
さらに、そのツールというのは、一度身につければ、死ぬまで一生使えるものとなります。

 

ビジネスを取り巻く環境は、日々進化しています。
インターネットの登場によって、ビジネス環境、スピードは一気に早くなりました。
それに競合もいるでしょう。
もたもたしていたら、競合にお客さんを奪われてしまうかもしれません。
大きなチャンスを逃してしまう可能性も高くなります。日々のメール返信やアポ取りなどの雑務に時間をかけることはできません。
ネイティブイングリッシュ・ビジネスは非常に即効性が高いです。冗談抜きで、明日から仕事で使えます。

 

ただ基本的な知識を入れるだけの講座ではありません。
演習やロールプレイング映像などを通して、実際にあなたが外国人と、ビジネスの場面で会話しているかのような構成になっています。
知識をつけただけでは、意味がありませんよね?それが実践につながってこそです。
本講座では、できるだけ実践につながるようにビジュアルやケーススタディでわかりやすくし、実際の演習などを充実させています。
なので、実践の場を想定して繰り返し、ロールプレイを繰り返すことで、本番でもスラスラと英語が出てくるようになります。

 

E-mailテキスト、会話テキスト、じっくり学べる動画セット、リスニング力アップCD、ニュアンス解説、バーチャル面接など、ビジネス英語で必要なことが、オールインワンで手に入るのは、ここ以外にありません。
事実、書店や教材などでも、メールの例文だけ、会話の例文だけというものは、よくありますが、これらが全てセットになっているものはありません。
これらが全てセットになって手に入るのはここだけです。
ここ以外に、「ちゃんとした英語」が書かれてあるテキストが手に入り、実践の場面を想定して、その使い方、ビジネスの場面で相応しい英語を教えてくれるところはありません。

Q&A
24,800円は、ちょっと高くないですか?
価値観は人それぞれですので、仕方ないのですが、今まで私の教材を購入されている方が 手に取られたら、「絶対にお得!」と思える内容です。
このプログラムは、ビジネス英語に必要な6つのシチュエーションを、1レッスンごとに学んでいける構成になっています。
かなりゆっくりペースで、1ヶ月1レッスン学んでいくとしても、6ヶ間の時間があれば、十分にビジネス英語を習得できます。(そのために180日間の返金保証をつけています。)
つまり、単純計算で、1ヶ月に投資する金額は、【約4,000円】 これは、付き合いで行く飲み会を1回断れば、ペイできる金額です。
これを高いととらえるか、安いととらえるかは、ご自身でご判断ください。
「EVERYDAY ENGLISH PHRASES中上級編」を 買って持っていますが、違いは何ですか?
ネイティブイングリッシュ・ビジネス編は、ビジネスで使うシチュエーションに特化しています。
さらに、動画解説付きで、再現VTR、ニュアンス解説などで、より深く、学べるようになっています。

EVERYDAY ENGLISH PHRASES中上級編は、ビジネスの場面に限らずさまざまな場面で使えるものをあえて絞らず丁寧さの度合いと共に学べるように作っています。
そのため、EVERYDAY ENGLISH PHRASES中上級編とセットでお使いになられることで、さらに表現の幅を増やすことができるため、一緒にお使いいただくと相乗効果が期待できます。
ビジネスで英語が必要でないのですが、 それでも役に立ちますか?
いますぐ仕事で英語が必要のないという人にも、ぜひ手に取って頂きたい内容になっています。
主婦の方なら、お子さんのホームステイ先のホストファミリーへあいさつしたい時、学生さんなら、海外の留学先での教授とやり取りなど、本当に大人から子供まで、大変役に立つ内容になっています。
さらに、ホテルのフロント係、ショップの定員さん、薬局の店員さんなどで、いますぐビジネスで英語が必要とないという場合でも、これからの時代は、外国人に接する機会が大幅に増えます。
丁寧な英語でおもてなしをするためにも、今から将来に備えて学んでおいて損はないと思います。
日常会話が何とかできるくらいなのですが、 私でも役に立ちますか?
「英会話は初めて」「基礎から教えてほしい」というあなたでも、「ビジネスで明日から使える英語力」が身に付くようになっています。
実際にビジネス英語を学び始めると、日常会話よりもビジネス英語の方が実は簡単だということに気づくはずです。
ですので、初心者でも、安心して取り組んで頂けます。
本当に初心者なのですが、大丈夫ですか?
はじめはみんな初心者です。
大切なのは、スタート時のレベルではなく、どこまで伸ばしたいかという目標設定です。
このプログラムでは、初心者でも無理なくゴールが目指せるように、ゼロからステップバイステップで学べるようになっています。
さらに、2年間の無制限メールサポートもついていますので、途中で挫折することもなくなると思います。

ビジネス英語の基礎はしっかり身に付くようになっていますので、私と一緒に二人三脚で、がんばっていきましょう。
(学習の仕方についてもテキストに詳しい説明が書かれてありますので、安心してください。)
本当に業種が違ってもいいのでしょうか?
電話対応、メール対応、企業訪問、プレゼンテーションなど、ビジネスマンとして必要な基礎的な部分は、業界が違っても共通しています。

また業種によって、業界用語が変わってくると思いますが、それらはすでに日本でも一般に使われている単語であることが多いです。
ですので、プログラムの内容を理解しておけば、業界が違っても、仕事で使う英語で困ることはなくなるはずです。
専門性の高いプレゼンテーションや交渉ごとなど、 難易度の高いビジネススキルが必要なのですが、役に立ちますか?
簡単なプレゼンテーションや交渉ごとの流れについては、一通り学べるようになっていますが、プレゼンテーション・交渉テクニックに特化しているわけではありません。
TOEIC等の試験対策には役に立ちますか?
「ネイティブイングィッシュ・ビジネス編」に収録されている英語は、ビジネスシーンで使われる英語に特化しています。
TOEICなどの試験の英語は、ビジネス英語が題材になっているため、TOEICテストに役立ちます。
もちろん、資格試験を受ける際にはそれに特化した対策をする必要はありますが、「ネイティブイングリッシュ・ビジネス編」をしっかり学習することで総合的な英語力もアップするはずなので、試験を受ける際に有利に働くことは間違いないでしょう。
注文から何日後に届きますか?
通常、3営業日以内に出荷させて頂いております。 お届けは地域にもよりますが遅くても5営業日以内のお届けとなります。
郵便局留めは使えますか?
可能です。郵便番号欄及び住所欄に局留めにする郵便局の郵便番号及び住所をご入力ください。
また、住所を記入された最後にご希望の郵便局名+局留めとご記載ください。

例)渋谷松濤郵便局の場合
郵便番号:150-0046
住所:東京都渋谷区松濤1-29-24 渋谷松濤郵便局局留め
海外配送は可能ですか?
もちろん可能です。海外配送はEMSにて承っており一部配送できない地域もございますので、ご自身でご確認ください。※別途、海外配送料はかかります。

また、輸入税・関税等は教材の価格や送料には含まれておりませんので商品の到着時、請求があった際には、ご自身でご負担下さいますようお願い致します。 輸入税や関税につきましては、大変恐縮ではございますが、ご購入前にお住まいの国の税関にてご確認下さい。

※海外配送料は別途2,500円となります。
本当に効果がなければ返金してもらえるのでしょうか?
もしあなたが返金を申請された場合、100%返金をさせて頂きます。しかし最初から返金するつもりであれば、購入はお控えください。

この教材はあなたに本当に英語が出来るようになるためにと作りました。 「できなかったら返金でいいや」といった気持ちで英語ができるようになるはずがありません。

繰り返しになりますが、ご注文日から180日間試してみても全く効果がない、意味がなかった、無駄な買い物だった、という場合には私にメールを下さい。 どんな理由であれ、返品が確認でき次第、7営業日以内にご指定の銀行口座に購入代金全額をお返し致します。
※返品にかかる送料に関しましてはお客様ご負担となりますので、予めご了承ください。
クレジットカードでの買い物が不安なんですが、 大丈夫でしょうか?
当サイトではお客様の個人情報を守るため、クレジットカードのフォームに入力された情報はSSLという暗号化通信により安全な形で送信されます。
個人情報も暗号化され厳重に保管されるため、第三者に漏れることはございません。 楽天市場やYAHOOショッピングで使われているものと同程度のセキュリティーレベルですのでご安心ください。

1つ目の道は、今まで通りのやり方で英語を学ぶという方法です。
もちろん、勉強熱心なあなたはこれからも英語の勉強を続けていくことでしょう。
いろいろなテクニックを学んでいくと思います。
しかし、このプログラムがなければ、「ビジネスで通じる英語」を身につけるのは難しい仕事になるでしょう。
料理のレシピなしで、料理を作るのと同じです。
「何を話せばいいのか・・・」
「この英語で合っているのか・・・」
こういった不安は、ノウハウだけではどうにもなりません。
ビジネスシーンで相応しい英語とは何か、どういう順番で話せばいいのか、書けばいいのか、ということがわかるのは、ここのプログラムだけです。

2つ目の道は、このプログラムに参加して、明日から仕事に役立てていくという道です。
既にお伝えしたように、ここでお渡しする教材があれば、この英語間違っているのかな、何を書けばいいのか、どう話せばいいのか、と悩む時間もなくなるはずです。
このことで、これまで21時までかかっていた仕事も、定時には、あがれるようになるはずです。
アフター5を家族と過ごすのもよし、遊びに出かけるのもよし。スキルアップの時間に投資するのもよいでしょう。

もちろん、どの道を選ぶのもあなた次第です。
でも、きっとここまで読んでいるあなたは、「仕事で使える英語を身につけたい。」と思っているのではないでしょうか?
あなたはきっと、誰よりも勉強熱心で、真面目で、プロ意識が高い人だと思います。
「仕事で使える英語を身につけたい。」と真剣に思っている数少ないうちの1人なのだと思います。
もしあなたが、「仕事で使えるレベルの英語力」を身につけたいと思っているなら、このプログラムは、必ずお役に立てるでしょう。

参加をするか、しないかはあなたが決めることができます。
過去の決断が、今のあなたを作ってきたのと同じように、ここで行う決断が、あなたの未来を作っていくことになります。
どちらを選ぶのかは、あなたが自由に決めることができます。
もしあなたが、ゆとりのある時間や年収アップ、さらには活躍の場を増やして、社会に貢献したいと考えているのであれば、ぜひこのプログラムに参加してください。

【ネイティブイングリッシュ・ビジネス編】なら、それが容易に実現できます!
あなたのご参加をお待ちしています。
それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。
YOSHI

追伸:

「英語を通じて、人々の可能性を無限に。」

私はこのスローガンのもと、たくさんの人々のご協力を得ながら、日々活動しています。

その中でも「ビジネス英語」というのは、あなたの人生に大きなインパクトを与えるほど、強烈な力を秘めていると思っています。

現状、「ビジネス英語は難しい。」「まずは日常英会話から。」と、なかなか初めの一歩が踏み出せずにいる人たちが多いようですが、これはとてももったいないことだと思います。

ビジネス英語は、難しくありません。

あなたも、このページで紹介した方法を実際に試してみれば、思った以上にビジネス英語が簡単だということに気づくはずです。

このプログラムでは、ビジネスパーソンはもちろん、学生さんから主婦の方まで、全ての日本人にとって、役立つ内容をお教えしています。

ビジネス英語ができることで、生まれるチャンスというのは、あなたが想像しなかったような素敵な世界へと繋がっています。

その世界の入口に立つために必要なことは、全てこのプログラムに詰め込みました。

あとは、これを使って、実際に海外とつながりを持ってみてください。 そうすれば、あなたの目の前の世界は、無限大に広がっていくことでしょう。

あなたが、日本と世界をつなぐキーマンになっていくことを、心から願っています。

YOSHI

お電話でのご注文は
0120-971-518
(受付時間:10時-18時・平日のみ)