サマースクール ~ひと夏の思い出~ 02

   

サマースクール ~ひと夏の思い出~ 02

こんにちはNobです。

前回は空港での洗礼(笑)のお話でしたがもちろん楽しいことも多いのが海外!

ホームステイか学校の寮で泊まるかを選べたので迷わず寮を選びました。
何かあれば学校の先生もいたので、英語が苦手な私としては寮が安心!

宿泊先は多国籍な寮♪!

実際に泊まった寮は、世界各国の学生が泊まりにくるので
多国籍な友人ができました。

そんな友人たちとつたない、単語オンリーで電子辞書片手に
話すしか出来なかったのはとても残念でした。
もう少し話すことが出来れば…っと何度思ったことか。
でも、その友人たちは、私がオロオロとしてるのを待ってくれて
しどろもどろの日本語英語にもかかわらず、会話をしてくれたのです。

サマースクールのカリキュラムの中にはもちろん座学もありますが
1日の半分はアクティビティとして運動だったり散策などもあり
とにかく楽しく勉強できました♪

アクティビティの中には夜にディスコ!っと行ったものも含まれていて
もちろんお酒はNGですが色んな国の人とダンスでも友達になれました。

学校のお休みの日の過ごし方

平日はこんな感じで過ごしていたのですが
お休みの日にはロンドン観光にもいきました!

ロンドン観光はサマースクールの中でも、ずば抜けて楽しみにしていた行程。
胸は高鳴ります♪

観光バスに乗っていざ出発!!!

目的地の大英博物館近辺でバスがぐるぐる…
一向にとまらない?
なぜ!?
このぐるぐるによる時間ロスの為博物館の見学時間が大幅に削られ更には、
ロンドンの街の散策の時間なども無くなってしまいました。

一体全体何でこんなことになってしまったの・・・!!?

日本のバスはある程度時間厳守で行動しますが、
その時聞いた話によると、海外のバスはその日雇われたばかりの
運転手が運転し、道もあやふやで正確にくることはほとんどないし、
最悪目的地にたどり着かないことも…

さすがにたどり着かないことは無いと思いますが、
時間を守らないのがあたりまえのようですね。

それでも、どうしても行きたい場所が!
それはハリポッターのホグワーツ魔法学校の舞台になっている
『ウェストミンスター寺院』です。

大食堂のシーンや庭での箒に乗るシーン、食堂に行くまでの階段のシーンなど
様々なところが使われていて、どうしてもここだけは
見ておきたかったので同級生たちと猛ダッシュでウェストミンスター寺院へ。
中は映画の世界そのものでした!!!

そして寺院の中を堪能した後、再び猛ダッシュで集合場所へ。

日本人ほど時間に正確な人はいないと言われますが!
バスが遅延したななんて言い訳が通用するはずもなく
日本人の時間厳守に基づいて、先生に軽く怒られました・・・

つづく

 - column ,

Go to top